So-net無料ブログ作成
検索選択

安くて丈夫・石畳風舗装、京都の街並みに風情(読売新聞)

 古都の街並みをより風情あるものにしようと、京都市が、特殊なセメントを使った石畳風の舗装に取りかかる。

 今年、電線の地中化工事が始まる京都五花街の一つ・上七軒(上京区)で最初に実施。本物の石畳と比べ、工費が3分の1程度で済むため、市はほかの通りにも広げる考えだ。

 石畳風舗装は、アスファルト舗装の上に乳白色のごく薄い加工セメントを重ね、表面を削った後、等間隔に切れ目を入れる工法。

 アスファルトの骨材の小石が浮かび上がって凸凹になり、自然石のように見える。香川県琴平町の金刀比羅宮参道で採用実績があり、1平方メートルあたりの工費は約3万5000円と、石畳の10万円より大幅に安い。

 工事は、北野天満宮近くの上七軒通310メートル(幅3・5〜5メートル)で予定。以前からお茶屋などが軒を連ねる街並みで知られているが、アスファルト舗装のため「もう少し風情があれば」との声があった。電柱を撤去するなどした後、2011年度内の完成を目指す。

 市は02年、お茶屋や料亭が並ぶ祇園花見小路(東山区)で御影石を使った石畳を施したが、工費がかさむうえ、石畳とアスファルトの境目が弱く、補修が必要になる問題も生じた。

 一方で、市は07年に建物の高さや外観などを規制する「新景観政策」を導入。道路の派手な色や装飾を排除するデザイン指針も検討しており、「財政難の中、石畳風の舗装は有効な選択肢になる」としている。

中学生「むしゃくしゃして」、常磐道に自転車投げる(読売新聞)
次期通常国会への提出法案を説明−厚労省政策会議(医療介護CBニュース)
<居酒屋発砲>自殺の容疑者「とにかく酒癖悪かった」(毎日新聞)
企業献金廃止に反対=谷垣・自民総裁(時事通信)
<お別れの会>田辺一鶴さん=2月9日、東京・亀戸で(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。